BLOG

探偵ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 今日の探偵
  4. 自分の浮気が原因なら離婚は認められない。

自分の浮気が原因なら離婚は認められない。

自分の浮気が原因なら、離婚請求は認められない!!

有責配偶者からの離婚請求は原則的に認められていません。
認められていない理由は、過失のない配偶者を保護し、権利を守る必要があるからです。

自分が原因で、離婚を申し出る場合は、自らの非を認め、相手に対し誠実な対応を行うのが、世の中のルールとされています。
なぜなら、有責者(浮気をした側)の都合で「離婚が受理」されてしまうと、身勝手な理由で、離婚する夫婦が後を絶たなくなるからです。

【有責配偶者とは】
離婚するとなると、それなりの理由があります。
ただしその理由は、配偶者のいずれか一方が原因となる場合が多いです。
この離婚の原因になった人を「有責配偶者」といいます。

関連記事

カテゴリー

栃木県M’s探偵事務所お問合せ

電話問い合わせのバナー


無料メール問い合わせバナー


ラインアットのバナー


M’s探偵事務所の4つのお約束


M's探偵事務所が選ばれる理由

過去記事

月を選択