BLOG

探偵ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 今日の探偵
  4. 浮気にならないケースもあるんです…..。
悩み

浮気にならないケースもあるんです…..。

配偶者以外に親密な関係でも浮気ならないケースはどんな時か…?

浮気というのは、個人的な感覚の問題でどこからが浮気?と感じるかは人によってさまざまです。
しかし、法律上の浮気はあくまでも、配偶者以外の方と肉体関係を持つこと、定義されております。
つまり、このケースが当てはまらない場合は法的には浮気をしたことにはならず、浮気を理由に離婚や慰謝料請求をするのは難しいということになってしまいます。
では、配偶者以外に親密な関係でも浮気ならないケースはどんな時か…?

●浮気相手が既婚者と認識していなかった
配偶者以外の異性と肉体関係の事実があっても、相手側があなたのことを「既婚者」と知らなかったという場合は、法律上浮気にはなりません。

●肉体関係の無いプラトニックな関係
法律上は「心の浮気」という概念はありません。
配偶者以外の異性と頻繁に会って、恋愛感情を抱いていても、それがプラトニックな関係で肉体関係がなければ浮気にはなりません。

●既に夫婦関係が破綻している場合
配偶者以外の異性と肉体関係を持つ以前から、別居をしてたり、家庭内別居をしている事実があった場合、配偶者が浮気をしても、それを理由に離婚や慰謝料請求するのは困難だと言えます。
法律上は「夫婦関係が破綻した直接的な理由は浮気ではない」と解釈されるからなんです。

このようなケースは法的な浮気にはあたらない、もしくは浮気の事実があっても、それを理由に離婚や慰謝料請求をするのは、難しいということになってしまいます。

関連記事

カテゴリー

栃木県M’s探偵事務所お問合せ

電話問い合わせのバナー


無料メール問い合わせバナー


ラインアットのバナー


M’s探偵事務所の4つのお約束


M's探偵事務所が選ばれる理由

過去記事

月を選択