Unfaithful

浮気・離婚関連

  1. HOME
  2. 浮気・離婚関連
  3. 離婚に必要な条件
離婚に必要な条件

夫婦のどちらか一方が「離婚したい」と思って、勝手に離婚することはできません。
しかし、配偶者が、これら5種類の事由にあてはまった場合(民法第770条)たとえ配偶者が離婚に納得していなくても、その配偶者との離婚が認められうるという規定です。

第770条
夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
・配偶者に不貞な行為があったとき。
・配偶者から悪意で遺棄されたとき。
・配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
・配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
・その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

一方、あなた自身が、これらの事由に該当するとされ、有責配偶者として扱われる場合、あなたからの離婚請求は、原則として認められません。

※有責配偶者とは、離婚の原因を作り、結婚生活を破たんさせた配偶者のことをいいます。

浮気・離婚関連

浮気・離婚関連一覧

栃木県M’s探偵事務所お問合せ

電話問い合わせのバナー


無料メール問い合わせバナー


ラインアットのバナー


M’s探偵事務所の4つのお約束


M's探偵事務所が選ばれる理由

カテゴリー

過去記事

月を選択