Unfaithful

浮気・離婚関連

  1. HOME
  2. 浮気・離婚関連
  3. 協議・調停・審判・裁判離婚とは
協議・調停・審判・裁判離婚とは

離婚する手続きとして、大きく分けて4つの方法があります。

協議離婚

協議離婚とは、夫婦で話し合って離婚に合意する、他の第三者や裁判所が介入しない離婚のこと。
話し合いにより、お互いが離婚に同意をして、離婚届に署名押印をし役場に受理されれば離婚が成立します。
その手続きの簡便さから、離婚の90%以上は、協議離婚の方法が占められています。

調停離婚

調停離婚とは、裁判所に調停の申し立てをして、調停委員が離婚の話し合いをまとめる離婚の方法。
夫婦間での協議では離婚が出来ない、又は協議をしていなくても家庭裁判所に離婚調停を申し立てることができます。
調停では離婚そのもの他、親権、養育費、慰謝料、財産分与等も含め話し合いをします。
調停にかかる費用は2000円程度です。

審判離婚

審判離婚とは、離婚調停をしている夫婦が調停でも話がまとまらず、調停が成立する可能性が低い場合に家庭裁判所は、調停委員の意見を聴きき調停に代え、裁判官が職権で審判により離婚を成立させるものです。
調停離婚の一種ではありますが、夫婦間の意に反して強制的に離婚を成立させることとなります。

裁判離婚

裁判離婚とは、家庭裁判所の離婚調停でも離婚が成立しない場合、夫婦の一方から家庭裁判所に離婚の訴えを提起し、裁判所の判決により離婚を成立させること。
日本の法律では、調停前置主義というものがあります。
この離婚の訴訟を起こすには、家庭裁判所の離婚の調停が不成立になっていることが前提であり、つまり離婚調停をした後でないと、離婚裁判に進めないということです。

浮気・離婚関連

浮気・離婚関連一覧

栃木県M’s探偵事務所お問合せ

電話問い合わせのバナー


無料メール問い合わせバナー


ラインアットのバナー


M’s探偵事務所の4つのお約束


M's探偵事務所が選ばれる理由

カテゴリー

過去記事

月を選択